ホーム » ワン・ジョン(汪錚)氏講演会 「中国の歴史認識と日中関係」(大阪市)

ワン・ジョン(汪錚)氏講演会 「中国の歴史認識と日中関係」

イベント概要

カテゴリー: 日中

開催日:

開催場所: 大阪市立総合生涯学習センター

住所: 大阪府大阪市北区梅田1丁目2-2-500

主催者: 市民社会フォーラム

参加人数: 4人

地図

イベント内容

ワン・ジョン(汪錚)氏講演会 「中国の歴史認識と日中関係」

 このたび、歴史教育やメディアによって形成される「集合的アイデンティティ」の観点から問題を精緻に考察した『中国の歴史認識はどう作られたのか』の著者、ワン・ジョン(汪錚)氏を大阪にお迎えし、講演会を開催する運びとなりました。
日中関係を考える上で避けて通れない歴史認識について理解を深め、冷静な議論を行うための一助として頂ければ幸いです。
  
日時:1月9日(土) 14時40分~17時
会場:大阪市立総合生涯学習センター第1研修室(大阪駅前第2ビル5F)
http://osakademanabu.com/umeda/
地下鉄:御堂筋線「梅田」四ツ橋線「西梅田」谷町線「東梅田」
JR:「大阪駅」、東西線「北新地」
私鉄:阪神電車「梅田」、阪急電車「梅田」
参加費:無料
主催:文部科学省科学研究費助成事業「中国一党支配体制の形成と変容:歴史的制度論からの考察」
共催:中国現代史研究会、市民社会フォーラム
連絡先:梶谷懐(神戸大学経済学部、kajitani@econ.kobe-u.ac.jp)

講演タイトル:「中国の歴史認識と日中関係」(中国語、日本語通訳つき)
講演内容:(東洋経済オンラインストア『中国の歴史認識はどう作られたのか』
紹介ページhttp://store.toyokeizai.net/books/9784492212165/より)

 天安門事件と冷戦終結を経た今日の中国の政治的変遷、大衆心理、外交政策を説明する上で、「歴史的記憶」が現代中国の国民的なアイデンティティの形成にどのような役割を果たしているか、また政治的にどのように利用されてきたのかを、中国育ちの在米国際政治学者が、膨大な資料から解き明かす。

ワン・ジョン(汪錚)氏プロフィール:
中国雲南省昆明出身。アメリカのシートンホール大学ジョン・C・ホワイトヘッド外交国際関係大学院准教授。北京大学大学院修了後、アメリカのジョージ・メイソン大学にて博士号を取得。大学で教鞭をとると同時に、全米米中関係委員会委員などとして米中関係、東アジアの国際関係などを幅広く研究し、論じている。1990年代には中国の政府系シンクタンクで国際関係論、平和論、安全保障問題などを研究したこともある。

参加申し込み(Facebook)



もし、このサイトや紹介イベントが気に入っていただけましたら、
ツイッターやFacebookなどでシェアをお願い致します。非常にはげみになります。