ホーム » (残3席)『出版記念』五つの漢字で分かる中国・中国人・中国語!

(残3席)『出版記念』五つの漢字で分かる中国・中国人・中国語!

イベント概要

カテゴリー: 中国語

開催日:

開催場所: 麻布十番1−5−10 アトラスビル麻布ラウンジ

住所: 不明

主催者: 氷雅の中国語塾

参加人数: 3人

イベント内容

あなたは自分の隣国のこと、本当に知ってますか?

中国語をスタートする前に絶対に知るべき、中国?中国語?中国人?の非常識の「常識」!
5つの漢字を手かがりにして、中国のナゾナゾを解き、相手の心をぎゅっと掴むコツを教えます!

このセミナーを参加すれば、、、
・中国語が使えるコミュニティーが分かる
・他のところでは話さない中国の国情(政治・教育・経済)を知る
・中国人のお好みと不安など、ビジネスに必要な情報が分かる
 大手の失敗談から学ぶ中国でビジネスする時、絶対やってはいけないことが分かる
・日本と中国の漢字使用事情が分かる
・雇用者、同僚、お得意先などの中国人の心をおとすコツが分かる


【敬!安井孝三様】
『五つの漢字』は年末で東京と名古屋で数回開催され、かなりの好評の講座でした。
残念ながら年明け早々、主催者の安井様が闘病生活に入り、とうとう3月3日で帰らぬ人となりました。
安井さんが期待してた拙作の出版、結局見届けられませんでした。このたびは無事の出版実現に兼ねて、もう一回『五つの漢字』を再開致します。
語学を学ぶよりも、まずお互いの文化に対する理解が必要です。文化を知った上の語学はまさに鬼が棒、逆に言葉堪能であっても、相手に対して理解のない人なら単なる嫌な人で終わってしまいます。
『五つの漢字』はセミナーデビューした私の最初のテーマでもあります。日中友好のためにまずは「文化理解」!という初心です。
早くも一年6ヶ月に立ちましたね。毎回毎回より吟味した内容をお届けできますように、氷雅は今日も東京で磨いてます。
(6月29日開催予定でしたが、会場が選挙事務所になったゆえ、6月29日は少人数でウォーミングとして楽しくお話しさせていただきました。)


▪️時間:7月27日 19:30〜21:30
▪️場所:麻布十番ラウンジ
▪️内容:(抜粋)
・多民族国家&世界中に分散する華僑
・標準語とは?義務教育の推進レベル
・実利で食いしん坊の中国人
・賄賂が根絶できない根本的な理由!
・格差社会が加速させる中国人の「比」
・浅い政治に翻弄される白鼠世代
・信仰の喪失で拝金主義

▪️定員:15名
▪️特典:⑴『ゼロからカンタン中国語簡体字ワーク』
    ⑵ 自作書道ハガキ【夢】
▪️費用:5000円→4500円(先着10名)
▪️申込:⑴チケット→ストアカ
    ⑵http://www.hyoga.tokyo/→ストアカ
    ⑶【お名前】【7/27中国概要セミナー参加】
     【連絡先】をhyoga.tokyo@gmail.comまで

教師プロフィール:
http://www.hyoga.tokyo/
https://www.street-academy.com/steachers/54767

陳氷雅(ちん ひょうが)

中国南方沿岸の温州出身。子供の時から台湾・香港・シンガポールなどの親日情報を受けて育つ。雑誌・記事・小説・漫画などを通し、世界一清潔な日本に憧れ、上海で日本語を猛勉強する。

2008年上海駐在の日本人に初めて中国語を教え、両国の友好に言語と文化の理解が不可欠だと気付く。以来中国語教育に携わる。
2010年来日して中国語教育と日本語教育を研鑽を積み、2012年早稲田大学入学、第二言語教育法を中心に研究を励む。 

8年間延400人に向け中国語指導し、面白おかしくユーモアを交えながらの講義スタイルが、いままで所属する語学学校ではいつも高感度ナンバーワン。分かりやすい指導法と面倒見の良さで担当する中国語検定対策合格率は99%に達す。

そんな中、日本人が一番時間かかる従来の発音教育法に疑念を抱き、速攻性のある勉強法を検討し、オリジナルの勉強法を生み出す。

中国語は書いても通じます!日本の方には「筆談」という究極な手がある、「常用漢字で日中筆談の普及」をミッションに、東京で語学教育・執筆活動に携わる傍ら大学での研究に励む日々を過ごしている。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
熱心な方へのプチ告知です。
☆中国語の体験レッスン【ゼロからカンタン速攻中国語入門講座】も水曜日夜開催中☆
毎回少人数で発音の口体操と日中英比較で目からウロコの中国語、ご都合であれば、こちらもぜひ合わせてご検討ください。
https://www.street-academy.com/myclass/8250

参加申し込み(Facebook)



もし、このサイトや紹介イベントが気に入っていただけましたら、
ツイッターやFacebookなどでシェアをお願い致します。非常にはげみになります。