ホーム » ―日中伝統芸能の奥ゆかしい世界へ出航―(港区)

―日中伝統芸能の奥ゆかしい世界へ出航―

イベント概要

カテゴリー: 日中

開催日:

開催場所: 日の出桟橋

住所: 東京都港区

主催者: 雑誌「和華」日中文化民間交流誌 

参加人数: 21人

地図

イベント内容

江戸和式船にて『和華』スペシャル発行交流会(7.31)

※NHKで大活躍の加藤徹先生と盧思先生による特別対談※
—日中伝統芸能の奥ゆかしい世界へ出航—

 紫陽花の候、皆様おかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
 皆様に暖かく見守っていただいた御蔭で、『和華』は第10号(特集【茶】)まで発行することができ、すでに全国の書店で販売しております。現在、編集部は第11号の発行に向け取り組んでおります。

 第11号では日中両国の「芸」(仮)を特集とし、2016年7月下旬(全国の書店に流通するのは8月中旬)に発行を予定しております。本特集では、日中両国の伝統芸能(日本:歌舞伎、能、狂言など、中国:京劇、昆曲、皮影劇など)及び東京&北京における文芸の街を紹介することによって、知れば知るほど奥深い日中両国の「芸」の世界を堪能していただきたいと考えております。

 つきましては、第11号発行後の7月31日(日)(13:30-16:20 注意:集合13:15)に、370年の時を越えた現在版の江戸和式船を貸切り、発行交流会を企画したい次第です。現在、日本で和式中型船はあまり見られなくなり、一般の方が気軽に乗船できる機会は非常に稀です。

 そして何より絶対に見逃せないのは、NHKで大活躍されている加藤徹先生と盧思先生をお迎え、江戸和式船で美意識及び文化交流を含め、伝統芸能に関して様々なテーマについて語っていただきます。また、当日、加藤先生と盧思先生より自ら京劇をご披露いただく以外には、変面、評劇など他の中国伝統芸能もご披露いただきます。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく、ぜひリアルタイムでお楽しみください。

 江戸情緒あふれる安宅丸で、日々刻々と移り変わる東京の景観を眺めながら日中の交流を深めるという非日常的な体験が、皆様にとって忘れられない思い出になれば幸いです。ぜひご家族・ご友人をお誘い合わせの上、共に日中交流を盛り上げていただきたいと思います。


※交流会お見所(ぜひお見逃しなく!!!)※
★NHKで大活躍の二名先生より豪華特別対談:
対談テーマ
【日中伝統芸能から見る美意識及び文化交流】(仮)
加藤 徹(明治大学教授):
NHK『レベルアップ中国語』・『波短情长』など出演
盧  思(京劇  俳優):
NHK「中国語会話」に6年間レギュラー出演

★非日常的体験、江戸和式船をなんと約三時間ほど貸切
日本ではあまりに見られなくなる370年の時を越えた現在版の江戸和式船を貸切し、江戸情緒あふれる船の中で、日中伝統芸能の奥ゆかしい世界を堪能しながら、日々刻々と移り変わる東京の景観を眺められる非日常的な体験。

★中国伝統芸能披露
加藤徹先生と盧思先生より自ら京劇をご披露いただく以外には、京劇(呉敏愛好者)、「水袖舞」(JAPAN漢服会)、評劇(三上祥天)などの中国伝統芸能もご披露いただきます。
   
        【プログラム】
13:30-13:40 挨拶 日中交流和華会 会長 安崎暁 (小松製作所元会長)

13:40-14:50:特別対談:
【日中伝統芸能から見る美意識及び文化交流】(仮)
加藤 徹(明治大学教授):NHK『レベルアップ中国語』・『波短情长』など出演
盧  思(京劇  俳優):NHK「中国語会話」に6年間レギュラー出演

加藤徹 先生プロフィール:
1963年、東京生。東京大学文学部、同大学大学院で中国文学を専攻。1990年から1年間北京大学に学ぶ。広島大学総合科学部助教授等を経て、2007年現職。著書に『京劇「政治の国」の俳優群像』(中公叢書、サントリー学芸賞)、『漢文力』『中国古典からの発想 漢文・京劇・中国人』(中央公論新社)、『貝と羊の中国人』(新潮新書)、『梅蘭芳』(ビジネス社)、など。NHK「カンゴ ロンゴ」、「レベルアップ中国語」『波短情长』など出演

蘆思先生 プロフィール:
1973年、北京生。京劇俳優、画家。国宝級と言われた京劇俳優張君秋を祖父に持ち、母方はみな京劇俳優。中国戯曲学院京劇演技学科、中国中央美術学院中国画花鳥画科卒業。1997 年から日本在住。東京芸術大学大学院日本画修士課程修了。NHK「中国語会話」に6年間レギュラー出演。2003 年野村萬丞監督「真伎楽」主演。2008 年日本美術院展初入選。毎年京劇公演、日本画個展など幅広く活躍している。

14:50-15:20中国伝統芸能披露(一部調整中)
京劇(加藤徹、蘆思先生、呉敏)、「水袖舞」(JAPAN漢服会)、評劇(三上祥天)、など

15:20-16:20 船での自由行動

【主催】雑誌『和華』&日中交流和華会
【協賛】株式会社アジア太平洋観光社
【定員】100名
【申込】電話:080-3817-2022(孫)
  Tel:03‐6228‐5659  Fax:03-6228-5994 
  mail:info@wa-ka.org

【参加費】 日中交流和華会 会員:3500円
     (『和華』第11号付き、定価750円)
 (注:2016年度会費振込待ちの方、先に会費の振込をお願いします。)
      日中交流和華会 非会員:4500円
      (『和華』第11号付き、定価750円)
(注:今後入会予定の方は振込後、割引適応します。

【乗船時間】7月31日(日)13:30-16:20
 (受付:12:30)
※注意13:30分から乗船するから、13:15まで必ず全員現地集合でお願いします

【乗船乗り場】 〒105-0022 東京都港区海岸2-7-104  日の出乗り場
※日の出までの所要時間※
ゆりかもめ日の出駅から徒歩で約2分
地下鉄大門駅から徒歩で約10分
JR浜松町駅南口から徒歩で約8分

参加申し込み(Facebook)



もし、このサイトや紹介イベントが気に入っていただけましたら、
ツイッターやFacebookなどでシェアをお願い致します。非常にはげみになります。