ホーム » 第3回日台交流の夕べ

第3回日台交流の夕べ

イベント概要

カテゴリー: 日台交流

開催日:

開催場所: 熊本大学黒髪キャンパスくすの木会館1階

住所: 不明

主催者: 永田誠

参加人数: 1人

イベント内容

第3回日台交流の夕べ
日時 平成28年11月13日(日)開場13:00 開演13:30
場所 熊本大学黒髪キャンパスくすの木会館1階(定員90名)
料金 資料代1000円(台湾人学生は無料)
   懇親会 社会人4000円 学生1000円(台湾人学生は無料)
   ※懇親会の定員は30名(先着)
主催 日台交流をすすめる会 
連絡先 電話 090-1927-1905 (廣瀬)
メールアドレス bunkabouei@yahoo.co.jp
※会場の定員の都合によりお申し込みはお電話もしくはメールでお知らせ下さい。

講師 李久惟氏(拓殖大学客員教授)
演題 台湾に伝わる日本の精神と文化
   ~3.11の震災支援世界一の台湾はなぜ親日なのか~

懇親会 「日台交流の夕べ」
    熊本大学正門から徒歩2分の「一膳屋わ」にて16時より開始予定
  一膳屋わ電話番号 096-342-0068
------------------------------------------------------------------------------------
李久惟氏プロフィール
1975年台湾高雄生まれ。2000年東京外国語大学卒業。卒業後、台湾新幹線プロジェクトに従事。専門は語学教育、歴史、比較文化、国際関係論、異文化コミュニケーション。15ヵ国の外国語を話すマルチリンガル。拓殖大学客員教授。
主著に「本当は語学が得意な日本人」(フォレスト出版)「日本人に隠された(真実の台湾史)」(ヒカルランド)
------------------------------------------------------------------------------------
日台交流をすすめる会として、本来は5月の下旬に台湾で「大甲の聖人」と呼ばれている明治期の教育者、志賀哲太郎先生を顕彰して彼の生まれ故郷である益城町にて講演会と日台交流の夕べを開催する予定でしたが、先の震災により開催が延期されることとなりました。ここに衷心より被災者の皆様方にお見舞い申し上げるとともに、郷里熊本の力強い復興の歩みをすすめてゆきたいと深く心に願う次第でございます。
 幸い、台湾からは7月の上旬に高雄市の陳菊市長、台南の頼清徳市長、謝長廷駐日代表が台湾国民の皆さまからから集めて頂いた多額の義援金を持参して熊本を訪問され、再び台湾と日本の絆が強固で温かいことを確認することができました。
 そこでこのような背景のもとにささやかではありますが、拓殖大学客員教授の李久惟氏を招き、講演会を開催し、同時に在熊の台湾人留学生の皆様との交流のひとときを設けるはこびとなりました。本行事により、台湾の皆様に対して熊本県民の謝意を表するとともに今後の復興へ向けた活力の一助となることを祈ります。

日台交流をすすめる会 代表 廣瀬勝

参加申し込み(Facebook)



もし、このサイトや紹介イベントが気に入っていただけましたら、
ツイッターやFacebookなどでシェアをお願い致します。非常にはげみになります。