ホーム » 日本人が絶対受けるべき中国語講座in暮らしの保健室(江戸川区)

日本人が絶対受けるべき中国語講座in暮らしの保健室

イベント概要

カテゴリー: 中国語講座

開催日:

開催場所: 暮らしの保健室 かなで

住所: 東京都江戸川区松島3丁目41-10

主催者: 筆談de中国語

参加人数: 5人

地図

イベント内容

【中国語は難しいなんて吹っ飛ばします!】
~中国語ブロックバスター1000人プロジェクト~

受けないと損しますよ!


6月から江戸川区のかわいいい保健室で開催致します。
近くのみなさん、ぜひ遊びにおいでください。

中国語はとても簡〜単〜!
英語よりもはるかに簡単!
日本人にとってなお簡単!

一説日本人が中国語の七割が既習!

中国語のやさしさを楽しくわかりやすくみんなに伝えます。
中国語は難しいなんて、ただの思い込みにすぎない。
間違えた思い込みに取らず、客観的な視点で中国語を見ましょう。


・世界のどこでも通じる言語を習得したい方
・アジアを中心にビジネスを希望する方
・中国進出を準備中の方
・独学で中国語が難しいと思う方
 (発音・文法・簡体字のいずれでも)
・中国語をすでに挫折した方
・語学教室を通っても上達になれなかった方

上述のいずれに該当する方、是非この特別な中国語講座を受けてみてください。
2時間だけで、どこも聞けない中国語学習の極秘を教えます。
中国語だけではなく、英語の勉強・母語の省み・言語というものに対しての再発見にも役たちます。



時間:6月28日(日)10:00〜12:00
定員:10名
費用:3000円/回
   


教師プロフィール

陳氷雅(ちん ひょうが)
中国語教師
東日本中国語教師協会会員

中国南方沿岸の温州(温州みかんの原産地)出身。
海に近し、台湾にも近いため、
子供の時から台湾・香港・シンガポールなどの親日情報を受けて育つ。
雑誌・記事・小説・漫画などを通し、世界一清潔な日本に憧れ、上海で日本語を猛勉強する。

2008年上海駐在の日本人に初めて中国語を教え、
両国の友好に言語と文化の理解が不可欠だと気付く。
以来中国語教育に携わる。

2010年来日して中国語教育と日本語教育を研鑽を積み、
2012年早稲田大学入学、第二言語教育法を中心に研究を励む。 

7年間延400人に向け中国語指導し、
面白おかしくユーモアを交えながらの講義スタイルが、
いままで所属する語学学校ではいつも高感度ナンバーワン。
分かりやすい指導法と面倒見の良さで担当する中国語検定対策合格率は99%に達す。

そんな中、日本人が一番時間かかる従来の発音教育法に疑念を抱き、速攻性のある勉強法を検討し、ついに「漢字」に辿りつく。

日本の常用漢字2141、中国の常用漢字2500。
煩わしい発音にとらわれず、
世界一簡単な文法を持つ中国語を漢字で楽しもうと、
「読める・書ける・使える」というオリジナルの勉強法を生み出す。
現在、日中友好を念頭に、語学教育・医療翻訳通訳活動・執筆活動に携わる傍ら大学での研究に励む。
日本人の「中国語がむずかしい!」という固定観点を吹っ飛ばすため、2015年2月から「中国語ブロックバスター1000動員プロジェクト」を挑みます。

中国と日本の架け橋の役割を果たすため日々活動中。

参加申し込み(Facebook)



もし、このサイトや紹介イベントが気に入っていただけましたら、
ツイッターやFacebookなどでシェアをお願い致します。非常にはげみになります。